珍しく連絡の多かった日

珍しく連絡の多かった日

四月という時期もあってか、今日は珍しく色々な人から連絡がきた。

私の方からもちょっとした連絡があって、

その返信や、そこからの連絡が更になって何回かのメールの行き来が何人かの間であった。

昔、メールをやり始めたばかりの頃は、

電話で一度で会話をしてしまった方が手間が掛からずいいのに、という気がした。

実際その頃は一度のメールの後に電話が掛かってきて、本題ということも結構あった。

それでもお互いにメールを使う年数が増えて、だんだん要領を得てきたのだと思う。

最近では、あまり電話をかけてくる人はいない。

一通りメールの返信をして、夕飯の支度になり、

本日もわりと簡単めに麻婆豆腐とあさりの味噌汁にヨーグルトでいいか、ということになった。

生野菜のサラダは前日に出ているので、それでいいことにする。

ごはんは先にセットして炊いておいたので、おかずを作ればすぐに食事完了の状態。

順調に準備がすすみ、じゃあ、ヨーグルトを出そうかと思ったら、冷蔵庫内に見当たらない。

そうだ、この前食べたんだ、と思い出した。

それでは仕方ないし、けれどじゃあどうしようかと思い、

そうだ、果物の缶詰があったから、それにしようということになった。

本当はこの缶詰はヨーグルトと一緒に食べようと思っていて、

毎回忘れたり、缶詰を開けるのが面倒になって後回し状態だったのでいい機会だった。

置いてあった二日前の新聞に、

東京タワーの最上部を交換する工事が始まるという記事が一面に写真入りで出ていた。

東京タワーが上から写っている写真で、ヘリから撮影と書いてあった。

ふと、リリー・フランキーさんの「東京タワー」を思い出した。

あのドラマの主題歌が流れている最中、

新幹線の窓からの東京、福岡間の景色が流れるんだよなあ、ということも思い出す。

当時あのドラマを見て、生まれ育った場所、家族のいる場所へ帰りたくなる人、

誰かをこいしく思う人がいるんだとうなと思った。

誰かに対し、切実でなく会いたいと自覚しつつ、

それを忘れていられるようなゆるやかな幸福の中にいられること、

今会えるかけがえのない人を大切に捉えていきたい、そう思った。

廃車手続き

バランスは大事

マジックザギャザリングというカードゲームを知っていますか?米ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社製のトレーディングカードゲームです。

ざっくり説明すると、このゲームはクリーチャーと呼ばれる生物や魔法などを駆使して、先に相手のライフを0にすることを目指すカードゲームです。

ライフを0にする方法は、クリーチャーで攻撃したり呪文で直接ダメージを与えたりして減らす事が出来ます。

構築デッキの場合、デッキの枚数は60枚以上です。100枚でも構いませんが、59枚ではダメです。そして、ひとつのデッキに使える同名のカードは4枚までです。『マナ』と呼ばれる魔力の源を生み出す『基本地形』というカードタイプは例外で、何枚でも入れることが出来ます。

このデッキの下限が60枚、同名カードは4枚までというのが絶妙なバランスを生み出しているのです。

相手のライフを0にすることが目的だからといって、クリーチャーばかりのデッキを組んでも普通に考えればダメです。相手はクリーチャーを破壊する魔法を使ってくるかもしれませんし、自分より強いクリーチャーを召喚してくるかもしれないからです。

そんなとき、自分のデッキにクリーチャー・カードしか入っていなければ対処しようがありませんよね。もちろん、色んな効果をもったクリーチャーがいますから出来なくはないですが、どうしても対処が遅れがちになってしまいます。

もしクリーチャー主体で攻めるのであれば、いかに自分のクリーチャーの攻撃を通すか。そのためには何枚くらいの補助魔法が必要なのか。そのために安定した魔力供給を実現するために土地は何枚入れればいいのか。

そういうことを常に考えてデッキを構築しなくてはいけないのです。

時折、型にはまらないデッキが出てきますが、それは例外。何事もバランスが大切なのです。

これを機にあなたも、マジックザギャザリングの世界に触れてみてください。きっと楽しいですよ!